M様とのプレイ4

Posted on Posted in 調教

今回は、M様とS様、そして、S様のお友達で今回初めて男を苛められるというMA様ともご一緒でのプレイでした。苛めると言っても、ご本人は見学だけでと仰っていましたので、MA様に是非とも参加していただくのが今回のテーマでした。

毎回恒例の雨にも祟られず、少し小雨がぱらついただけで買い出しをしてからラブホテルに辿り着きました。
部屋自体もあまり広くもありませんでしたが、流石に4人で入ると更にちょっと狭く感じました。プレイするのにも床の部分で大きく開いている場所がなく、途中からテーブルをどかしてスペースの確保をしました。ただ大きな鏡と、ビデオ撮影に便利なコンセントが部屋の各所にあったのが非常に便利でした。

S様が浴室でボンデージに着替えに行かれている間に、私も服を脱ぎ初めたのですが、MA様とは前回のオフ会でSMの話も致しましたが、普通の感じで話をしていましたので、MA様のお淑やかな性格もあいまって、普通に話していた女性の方の前で裸に、オチンチンを見ていただけるというのがとても恥ずかしくて、とても興奮していました(数日前からこの時のことを想像しては興奮してオナニーをしそうになっては我慢していたのですが・・・)。
だから脱いだ時から当然勃起していました。それからMA様に首輪を填めていただく為に、直ぐ側に来ていただいた時はとても嬉しかったです。
首輪を填めていただいてから、暫くしてS様が出てこられました。初のS様のボンデージ姿です!凛々しい!特にビデオを見ていると、改めて私服とは違うなあと思いました。プレイの時は四つん這いになったりとかして、見ることが出来ない場合が多いですし、実際に会っている時より、女王様の雰囲気、存在感が薄れる分、外見の印象が強くなるみたいで。

MA様参加プログラム第一弾は縛りをということで、S様がMA様に実際に縛ってみては声を掛けられたのですが、MA様は固辞されて、結局S様に縛っていただきました。亀甲縛りでした。今まで短い縄しかなかったので出来なかったのですが、15mの縄を買ってきてそれで縛っていただいたのですが、逆に長過ぎてS様もちょっと手間取りながらも、でも流石に見事な亀甲縛りで体を絞り上げていただきました。
やっぱり縛っていただく時の肌を縄を滑る感覚には恍惚とさせられます。オチンチンからこの時透明な液がまたたくさん溢れ出してきて、縛っている間に触れた縄との間で糸を引いていました。それを見つけられたM様が、MA様に大きな声で見て見てと仰られてますます興奮してしまいました。
縛り終わった私を見てのMA様(M様?)の感想は、ボンレスハムみたいでした。痩せているよりいいとのことで、いちを褒め言葉ではあったようなのですが、この言葉に甘えずに精進しなければと思いました。

あと、M様もMA様も、縄よりも、拘束具の方がいいとのことでした。拘束具も好きですが、縄の縛られていく迄の恍惚感は、私には拘束具とは似て非なるものなので、縄も好きになっていただけたらなと思いました。喜んで実験君させていただきますし。
縛られながらM様に亀頭にマジックで顔を悪戯書きされたり、S様のハイヒールを舐めさせていただきました。次は脚の指まで舐めさせていただけるように、頑張って良い子になろとう思いました。

そして浣腸ということで縄を解いていただいてから、グリセリンを水で薄めて浣腸器でM様からいただきました。硬い浣腸器の先端がアナルの中に入り、液体がお尻の中に入ってくる感覚は、バイブを使ってのアナル責めとはまた違った興奮があります。
焦らされたり、袋やアナルと袋の間を浣腸器で突っつかれて遊ばれながらM様に浣腸をいただいてから、MA様に初めて浣腸していただくことになりました。浣腸もそうなのですが、四つん這いになってお尻を広げて、アナルが丸見えになっていると思うと、もの凄く恥ずかしくて嬉しかったです。
初めは流石にちょっと戸惑っていらっしゃいましたが、一度入れられてから、直ぐに慣れてM様と同じように焦らされたり、突っつかれたり、一気に入れられたりして遊ばれてしまいました。

私がクラブでもプライベートでも最初にしたプレイが脚、ハイヒールへの舌奉仕でそれ以来ヒヨコが初めて見たものを親と思うように、脚への舌奉仕がMモードへのスイッチに一時期なっていましたが(今でも大好きですが)、MA様は如何だったのでしょうか?

浣腸の後、何度かの陣痛を堪え、少しだけ軽めの鞭をいただいた後、直ぐにトイレに駆け込みました。薄めてはいるのですがグリセリンはやっぱりかなりキツイです。もう我慢できない、もう漏らしてしまう直前までという肉体的なぎりぎりではなかったのですが、精神的に辛いんです。もし万が一トイレに駆け込む前に部屋の中でと思うと。そうするとどうしてももう一山越えてと我慢できなくなって、お許しを求めてしまいました。まだまだ修行が足りないです。

トイレはどこにでもある洋式トイレでした。ドアを閉めよとした時に、M様から閉めないようにご命令があり、全開という程ではありませんが、ドアを開けたままで、そしてそこからビデオを撮られながら排泄しました。
他の方からのリクエストだったのですが、M様にはバックから本当に排泄しているそのもののところをビデオに撮ったものを見ていただいたことがありましたけれど、やっぱり直接見られる方がずっと恥ずかしいです。
今回は浣腸されていて苦しいですし、出る感覚がどうしても普通の排泄のとは違ってもこの恥ずかしさでしたから、実際に普通の排泄を人前で見られながらした時ってどうなってしまうのでしょうか。まあ見る方も好きじゃないと辛いと思いますけれど。

部屋に戻ってからは、トイレで中断していました鞭を改めていただきました。
初めはS様から見本で鞭をいただき、それからMA様からいただいたのですが、やはり初めて裸の人間を叩くのは抵抗があるのか、一発一発叩かれる度にS様達のところに戻られてしまい、ちょっと淋しかったです。
そんなMA様も、次第に慣れてこられたのか、何発も何発も鞭を振るっていただけたのですが、鞭を使われるのも2回目で、本格的には今回が初めてだったはずなのですが、とてもお上手でした。というよりも精確な鞭使いでした。同じ所に何発も何発もクリーンヒットが。これがお尻の横から鎖骨のところにかけてでしたので、もの凄くきつかったです。1発1発は強烈ではないのですが、弱い所を何回も続けて叩かれますと。珍しく数日跡が残っていました。まあ消えないのは困りますが数日で消える跡なら見ながら思い出して嬉しかったりするのですが。

でも、鞭の後くらいからMA様もかなりテンションが上がってこられて、言葉使いも今までの穏やかな感じから、命令調ではないのですが、教師が生徒を叱るような(目上の人が目下の人を叱る様な感じだと思って下さい)感じになって、正直意外と思いながら、楽しんでいただいているのが実感できて嬉しかったです。

次にM様に鞭をいただいたのですが、何故かあまりいい音がしないままに、直ぐにS様に鞭を渡されてしまいました。
S様の鞭は流石に一発一発が一番キツイのですが、急所を打たれながらも、適当に打つところを変えながらなので、きつくても大丈夫なのです。改めてプロの技を(プロの方でないですが)実感させられてしまいました。
ちょっと休憩の合間にも、S様にハイヒールでオチンチンを踏んでいただきながら、乳首を抓り上げていただいて可愛がっていただきました。M様とS様に可愛がっていだくようになってから、乳首がより敏感になった様な気がします。
休息の間にMA様が、油断しているといつの間にかゴミを片づけられてしまわれるので、油断しちゃいけないと、また違った意味での緊張がありました。

次は蝋燭でした。御三方が同時に立てる様にとテーブルをどかして作ったスペースにシートを広げ俯せになりました。ローションが残り少なかったので、まあいいやと体に塗らなかったのですが、それがちょっと甘かったのかもしれません。前回もかなり飛び跳ねていましたけれど、今回はよりハードでした。
最初はS様がビデオを、M様だけが垂らされて、MA様はご覧になられていただけなのですが、途中からMA様、そしてS様と御三方に同時に蝋燭をいただきました。前回以上に赤く腫れあがった肌に絶え間なく垂らされ続け、本当に辛かったです。低温蝋燭2本と普通の蝋燭1本で、結構高い位置から落とされていたようですので、熱さとその後にくる衝撃は十分我慢の範囲だったのですが、鞭で敏感になっている肌にとにかく間断なく垂らされ続けるのは、かなりきます。熱い
のと痛がゆいのと、ちょっと痛い刺激から息を整える暇も、蝋燭を味わう余裕もなく。
久しぶりに自分からプレイを止めていただこうと、一瞬頭をよぎりました。これが自分から御願いしたプレイならきっと止めていただいていたと思います。

それが、女王様に「かに道楽だ~」(蝋燭を落とされてピチピチ跳ねる私の姿をご覧になられて女王様が付けて下さいました)と楽しそうに落とされた日には頑張らない訳にはいきません。蝋燭初体験のMA様も楽しんでいただけたようですし。
前にも書いてますが、ハードな事であっても、求められてのプレイで、そして喜んでいただけるのはマゾとして嬉しいことです。自分から御願いしたものからでは超えられないハードルも超えられると思います。苦しいトレーニングも自分だけだと挫折してしまっても、トレーナーが付けばちゃんとトレーニングできるようなものです。まあ無理は事故のもとですので、それはわきまえないと相互にとって不幸になってしまいますが。

夢中だったので実際はそんなことないのかもしれませんが、S様やM様とのプレイではおそらく一番長い蝋燭プレイとなりました。終わった後は、なんとも言えない充実感が。まるで運動の後のような。
実際かなり筋肉の収縮をプレイ中続けていましたので、運動の後の様な気持ちになったのは、可笑しことではないのかもしれません。体の前も後ろにもたっぷりと蝋燭で塗りつぶしていただきました。新品に近い低温蝋燭がほぼなくなり、最初に蝋燭を垂らしていただいた背中の蝋燭が、プレイ終了時には体温で柔らかくなり、汗でローションを付けていないのに簡単に落ちてしまいました。シートを片づけた後には、シートを通り抜けて、フローリングの床にも汗の跡が付いていました。

蝋燭というと、今でも初めてのSMクラブでのプレイの印象が強烈なのですが、その時の蝋燭プレイの現在の記憶(記憶は変わるため、正確ではありませんので)では、蝋燭が落ちた瞬間、熱いのですが、それは大したことはないのです、一瞬遅れてくる衝撃に体を振るわせて堪えていた記憶があって、その時は体を床に縛られて拘束されていて、動けない体を振るわせてというにもの凄く興奮していた記憶(これは事実です)があります。最近は蝋燭を落とされた時の感じが違うのは、蝋燭が違うのか、縛られていないせいなのか、蝋燭を垂らされる距離が違うのか、自分自身の体の慣れなのか(体脂肪の厚みの変化とか)、ちょっと不思議に思いました。初めてのSMプレイでまっさらな心理状態で、もの凄い興奮状態だったのもあるとは思いますが。

シャワーで蝋燭を落としてから、今度はお湯浣腸をM様とMA様に同じようにいただいてから、今度は更に近距離からM様に排泄をビデオに撮られてから、待望のアナル責めとなりました。

アナルの前に拘束具で手脚を固定されたのですが、その時、拘束具の脚を閉じられなくさせるための棒が短いと、MA様に真面目に怒られてしまいました。やっぱり教師が生徒を怒る様な、目下の人を怒る様に。普段のMA様の人となりは存じ上げませんが、これがMA様の女王様モードでもあり、普段の真面目さなんだろうなと思いました。気分が高ぶっているせいで、性格が顕著な形で現れて。
真面目さとは裏腹なのですが、事前にS様とも話をしていたのですが、M様とMA様は絶対プレイの時は相性が合うといいますか、同じノリですよねとお話していたのですが、見事に一致していました。プレイ中に歌を口ずさんだり、軽くステップ踏まれたり。私は四つん這いになっていましたので、よく分からないのですが(アナルって意外と何をされているのか分からないです)、S様が仰られるには浣腸の仕方もよく似ていたとのことでした。

で、前回、S様の指でのアナル責めの後にM様にアナルバイブで可愛がっていただいた時には、既にアナルが弛緩していてほとんどバイブ入れられても抵抗らしい抵抗をM様が感じられなかった反省を活かし、今回はM様のアナルバイブからスタートしました。
この時MA様がビデオを担当していただいたのですが、それを見ていると、MA様にこんな風に見られていたんだというのが分かって、ビデオ見ながら凄く興奮していました。アナルにバイブを出し入れされているアップや、オチンチンや喘いでいる顔を。
M様にバイブで犯されながら、ペニバンをS様にフェラチオをさせられていたのですが、いつも思うのですが、これが女王様の本当のオチンチンだったらなって。女性なので本物があるわけないのですが、くわえさせられながら、本物だったらもっと興奮できるし、女王様にも気持ちよくなってもらえるのにと。

それからS様の指責めです。S様ご自身仰られていましたが、指とかペニバンの時は雰囲気が変わられると仰られる通り、あやされる様な、優しい感じでした。M様の後に、MA様にもアナルバイブで犯していただいたのですが、残念ながら時間的には短かったです。後日いただいたメールにも鞭と蝋燭のことしか書かれていませんでしたので、今回はあまりアナルはお気に召さなかったのかもしれません。

間隔が開いたせいなのか、蝋燭の時に滅茶苦茶筋肉を収縮したせいなのか、前回は指4本入ったのに、今回は外がまだ硬いということで指が3本しか入りませんでした。確かに4本の時の縦に横にという刺激と比べれば弱いかもしれませんが、3本でも十分激しくて感じさせられていました。
また感覚ですが、前回よりも早く指責めは終わり、遂にペニスバンドで犯していただける時になりました。

前回と比べて入り口がまだ弛緩していないのと、まだ誰にも使ったことがないおにゅーのペニスバンドを持ってきていただいていましたので、そのおにゅーのペニバンで犯していただくことになりました。ペニバン下ろしです~。
同じ洋物のペニバンなのですが、前回の凶悪的なまでの長さと太さは無いのですが、まさに男のアナルを犯すために、まるでアフリカ象の象牙の様に上に曲がっていて、正常位で入れられると、前立腺をものの見事に刺激されてしまうのです。前回のペニバンは長いので奥を付かれている感覚があるのですが、今回は前立腺を刺激してこられる分、中での刺激はこっちの方が強かったです。S様は根本は空洞で柔らかいからと仰られていましたが、根本まで突き立てられるときは十分に太さを感じていました。指で摘む様に二方向から直角に押さえつけられると凹みますが、アナルに入れるような角度での力の加わり方だと、そんなに凹んでいる感じは受けませんでした。やっぱり出し入れしている時の快感は、前回の方が長いですし、太いので強かったかもしれませんが。

と、同時にS様の声も結構うわずっている時もあって、犯されながらペニスバンドという道具で犯されている感覚が薄れてきました。S様の本当のオチンチンで犯されているようなとまではいきませんが。でも今回一番幸せだったのはとっても長かったんです。S様もボンデージということで、思う存分犯していただいて。1時間近くは犯していただきました。過去最高です。拘束されて上にあげていた脚が、血が下がってきて冷たくなってしまいました。
犯されている時は目を閉じて快感に身を任せ、ちょっと動きが遅くなっている時はS様の顔を見上げていました。犯されながら、うっすらと笑みと汗を浮かべている女王様の顔を見上げるのは本当に素敵です。前にも書いていると思いますけれど、マゾでなければ目にすることのないこの光景が。


拘束具を外していただいてからは、深く入れていただけるように、自分の手で自分の脚を持って開脚していたのですが、途中、M様とMA様に片足づつ持って広げられながら、犯していただいたのですが、M様も、そしてMA様の顔を見る余裕が有りませんでした。後になって思い出しながら、なんて恥ずかしい格好をさせられていたんだろう、どんな表情をされながら犯されているのをご覧になられていたのかをなんで見なかったんだろうと。そうすればもっと恥ずかしくなれたのに。残念でした。
M様にビデオで撮られながら、色々と質問されていたのですが、それにも満足に答えられませんでした。
バックから女王様に犯されている自分を鏡で見るのが好きなんですが、これもバックからだと前立腺に当たらないからできるんじゃないかと今回思いました。
犯されている自分を見て興奮するにはビデオを見ているように、鏡の自分を客観視して、犯されている自分というのを再認識して興奮するのですが、前立腺をがしがしと犯されている時には、そんな余裕も有りませんでしたし、がしがしと犯されて、女王様を見上げている方が幸せでした。
で、今回ビデオを見ていたら、S様、犯していただきながら、M様やMA様とも色々と会話をされていました。結構普通な会話も。なんか普通に会話しながら激しく犯されている自分にちょっと改めて興奮してしまいました。

苛めていて反応の少ないマゾはつまらないとは良く耳に致しますが、やっぱり女王様も楽しまれれているのが分かる方が嬉しいです。ご自分のものではありませんので肉体的な快感を感じることはないかもしれませんが。

たっぷりアナル可愛がっていただいた後、MA様にオナニーして射精するところをお見せするようにとの御命令だったのですが、結局勃起せずに出来ませんでした。MA様にも怒られてしまうし、もの凄く情けなかったです。
アナルの後には、アナルと腰に力が入らないんです。そうするとオチンチンにも力が入らず。今まではまあペニスバイブの時間も短かったり、女王様に触っていただいて硬くなってオナニーしていたのですが。
話ちょっとずれますけれど、射精の瞬間にもアナルを締め付けてます。バイブがなければ、太めのマジック等をアナルに入れてオナニーしてみるとよく分かります。その時うまく前立腺をマジックが刺激していれば、いつもの射精よりも強烈な快感を味わえるはずです。そして人はアナルにはまっていくのです。

話戻しますが、でもこの少し前、ペニバンで犯されている時、出し入れはされていなかったのですが、ペニスバンドを入れられたままでS様に乳首を抓られたのですが、縮こまっていたオチンチンが直ぐに勃起してきました。なので、ろうせ力の入らないアナルだったら、バイブを入れたままならどうなのかと次回はチャレンジしてみようと思ってます。あんな淋しい思いはもう・・・・。

プレイが終わった後に、やっぱり全裸じゃないとチョビじゃないと(オフ会の時に服を着ていて、服を着ているチョビはチョビじゃないみたいという話があったのを受けての会話です)、S様やM様だけではなく、MA様にまで仰っていただいて嬉しいやら恥ずかしいやらでした。実際、S様とM様の前では全裸で居る時間の方が絶対多いはずですし。
M様には奴隷というよりも、一段と玩具扱いされているのが嬉しかったりしました。

プレイそのものにはあまり参加していただけませんでしたM様でしたが、プレイ中、ビデオを撮っていただいて、本当にずっと言葉責めで苛めていただきました。ビデオを向けている相手と会話していてもずっと喋られるものではないのですが、相手が居ない時でも変わらないハイテンションで喋られるのは絶対一つの才能だとビデオを見ながら思いました。まあHPだけだと伝えられないですが。

ホテルには5、6時間居たのですが、プレイの種類は少なかったのですが、一つ一つ時間を掛けて(短いのもありましたけど)、じっくりとプレイした、充実したSMでした。

これからMA様がどんな女王様になられるのか、とても楽しみです。