インターネットで知り合った女王様4

Posted on Posted in 調教

この時は、都合よく金曜日に出張が入り、金曜土曜とそのまま泊まっていきました。

金曜の夜は、食事をしてからJHEAVENというSMスナックに行きました。
明日もあるしということでお酒を飲んだだけで特になにをするでもなく、そのまま素直にホテルに戻りました。

二日目は女王様の提案で、デパートの屋上にある観覧車にまず乗りました。
むろん観光などではありません。インディーズの野外露出ビデオでもよくありますが、目的はずばりそれです。

土曜日だったせいか、順番待ちで結構人が並んでました。
見られてしまうことを考えて、できれば若い女性の連れの方が無難だし、見られても嬉しいということで、ちょっと待ったんですがダメでした。前は4、50歳くらいの女性3、4人、後ろは若いカップルでしたが、男の方が一回転何分で、何人乗せれていくら売上がとか言ってました。相手の女性はまるで聞いてませんでしたけど。

で、乗りました。
ゴンドラは上半分ガラスなので、時計回りで、6時から10時くらいまでは前のおばさん達から見えてしまうということで、結局11時くらいになって命令されて慌ただしくズボンとパンツを脱いで、アナルにバイブを入れられました。
で、今度は後ろの方から見られてしまう為に4時くらいのところで終わりにしました。なんか慌ただしくて、あまり集中出来ませんでしたが、女王様にせかされて、慌てて下半身裸になって、ずぼっとアナルに入れられて、有無を言わせずにっていう感じは良かったです。結構普段は恥ずかしがりなところのある女王様ですが、開き直った?時の女王様には圧倒されてしまいます。

終わりに近づいてくると、結構下の人が肉眼でもよく見えるようになったので、下からでも裸になっていると見えるのだろうかと思いました。これは今後の検討材料だと思いながら後にしました。

その後、映画館に行きました。「シンレッドライン」と長渕の映画と、アニメの「逮捕しちゃうぞ」の3本上映していて、女王様がシンレッドラインは観たと仰っていたので、長渕はちょっと苦手なのと、アニメの方が人が少なそうだったので「逮捕しちゃうぞ」を観ました。

映画の前に優香ちゃん率いるニトロのプロモーションVTRが流れていましたが、それが一番面白かったです。あの胸に押し潰されてみたい。

で、なにか劇場版パトレイバーを彷彿させるノリでそれなりにテンポよく話が進んでいきますが、何分知識が何もないので少々???な部分もありましたが、まあ目的は映画じゃないので、よしとしましょう。

目的はもちろんSMです。館さんの小説で、映画館で面接と称してM男性がなぶられるというのがありますので、それを目指しました。
最初はオチンチンを出して、女王様に悪戯されていたんですが、途中からトイレに行って、アナルにパールロータを入れました。
中に戻ってから、女王様にローターのスイッチと外に出されたオチンチンを交互に責めていただきました。後は手錠を持っていたので、後ろ手で掛けてもらおうと思ったのですが、そうすると結構上半身が前にでて、オチンチンも前に出てしまうんです。映画館の席が縦長だったら良かったんですが、なんか横長なので、それだとちょっとプレイしにくく。

かなり長い間、バイブで責められてなんか体が痺れるような快感を感じられましたが、一番の目的の羞恥はダメでした。なんといっても女王様以外に女性がいませんでした。選んだ映画も悪かったんでしょうけど。やっぱり「メリーにくびったけ」とかちょっとエッチな映画の方が若い女の子連れってかなり多いので、ああゆう映画の方がこの手のプレイをする時はいいですね。あとは本当にもっと人がいない映画とかで。

映画館を後にした後、電車で移動してバカでっかい公園に行きました。書かなくても分かると思いますが、目的は野外調教です。

本当に広くて、木もあっちこっち生えてて、プレイする場所はどこでもと来た時は思ったんですが、これが意外になかったんです。夜の7時台ということもあり人が結構遊びに来ていたのが一つですが、なんかあっちこっちに揃えたように青いビニールシートで出来た浮浪者のお家が出来てて、プレイ出来る場所が見つかりませんでした。改めて日本の不景気を実感しました。

人がとても来ない様な、見つからないような場所は結局無く、しょうがないということで、何もないし来ないだろうという場所を見つけ、そこから更に階段を上がってこないと分からない20m四方くらいの場所でプレイをすることにしました。
50メートルくらい離れた建物の向かいにおじちゃんが居てタバコをふかしていたのが少々気になりましたが。

ここで大丈夫かなと心配していると、女王様から早く脱げとせっつかれ、服を脱ぎ始めました。不安でもやはり外で脱ぐのは気持ちいい!しかも隣りで女王様が見ていていただけるんですから。やっぱりパンツのゴムがお尻の滑って行く時の感じが一番脱いだという実感があっていいです。

全裸になると、さっそく首輪を填められて、そこでお散歩をしました。最初遅いと怒られてしまい、四つん這いで歩くにしても膝を付いてではなく、お尻を突き出す様にしてちゃんと足の裏を付けて歩けば早く歩けるとご指示いただきました。確かに腰には辛いですが、こっちの方がずっと早く歩くことが出来ました。端から見ると少々犬というよりも猿が入っていたかもしれませんが。

尻尾の代わりではないですが、途中からアナル責めが直ぐに出来る様にアナルバイブをアナルに入れて散歩を続けました。
階段の方に連れ行かれた時は、このまま下に連れて行かれるのかなとちょっとドキドキとしましたが、そのままUターンしてゆき、最後までその広場での散歩でした。ちょっと残念でした。

それから柵の部分に手錠で手を繋がれてから、お尻を突き出すようにして背中とお尻に鞭をいただきました。
体勢があまり良くなかったのか、静かな公園の中で思ったよりも音が響き、それに気を取られたのか、いつもはパシィーンといい音を響かせて、ああぁと呻き声をあげさせられてしまう鞭が、妙に腋に回ったり、ぼごっと鈍かったりしました。途中で誰か来る、音が聞こえるって鞭を打たれるのを止めたり今一つ集中に欠けてしまいました。となるとどうしてもこちらも集中できませんでした。些細なことでプロ野球の選手が打撃不振になるのがちょっと理解できた気がします。

鞭の後は、遂に待望のペニスバンドです。最近は、アナルバイブを入れておけば数分後には受け入れOKになってしまいます。もちろんアナルなんでローションは必須ですが、昔の様に浣腸して、指、パールローター、アナルバイブでたっぷり弛緩してという段取りがなくてもとりあえず受け入れられるようになりました。出血も少なくなりましたし。本物の男性のオチンチン並の大きさのペニスバンドなんで、入れる時はきついですが、それでもなんかと入りますので。

鞭打ちのままの体勢で、ジーパンの上にペニスバンドを付けた女王様に背後から犯されました。
立ちながら女王様に犯していただくのは初めてだったので、最初はちょっと女王様の動きがぎこちたなかったですが、次第にリズミカルになってきました。
目の前は、池があってその向こうには大きなビルがひしめき合って、窓には灯りがともってました。車も途切れることなく流れて行き、視線を下に落とすと野外なのに裸の自分の足が、オチンチンが目にはいってきます。地面と裸の下半身を見た時に、改めて自分は今裸で外にいるんだというのを実感しました。
そして、それだけでなく女王様にアナルを犯していただいているんですから。昔からの憧れでした。野外で裸にされて、拘束されてアナルを犯されるのが。それが今叶ったのです。テンポよく犯される女王様の腰使いに、気持ち良く、また犯されているという気持ちを強く実感させていただいて。

女王様とも後で話していたのですが、もう一人いたらせっかく野外でしているのを写真で撮れたのにねと言う通り、写真を撮れなかったのがとても残念です。せっかくの憧れが叶ったものを。まあ犯されている間はそれどころじゃなかったですが、感じて、興奮していて。

憧れが一つ叶ったので、次は更に過激に公園でアベックがいちゃつく近くで、同じ様にペニスバンドで犯していただくという話を女王様にしたところ、面白そうと言っていただけました。そう言いながら、いきなりはちょっと恥ずかしいので、またカップル喫茶に行って、そこで犯していただけたらなんて思いました。帰り道は、女王様の腕に女性の様に腕を絡ませて、すっかりごろにゃん状態で歩いてました。

プレイの後、二人ともジーパンで入るのがちょっと申し訳ない様なイタリア料理の店に入り食事をした後、さてどうしようかと色々と迷った後で、結局ラブホテルに入りました。

縛られる時の縄の滑っていく感触や、身動き取れないように縛られるが大好きなので、女王様に縛っていただいたのですが、ご自身あまり得意ではないと仰られている通り、う~むでした。今度は縛り方の本を持っていって、私の体を実験台にして色々と試していただこうと思いました。

前回の時におしっこをしているのを見たいと仰られていたのですが、ちょっとそうゆう機会がありませんでしたので、今回はラブホテルですからもう余裕を持ってです。
おしっこをしたくなったので、女王様にお知らせしてトイレにて見ていただきながらと思ったのですが、見られているとどうにも興奮してきてしまい、なかなかおしっこが出ませんでした。更に女王様がおしっこしている時指で持ちたいと仰られて、触ってこられたせいで更に大きくなってしまい。

一旦部屋に戻り、お茶をたくさん飲んでなんとか勃起したままおしっこすることができました。女王様にオチンチンを持っていただきながら。聖水にも憧れがありますが、女王様におしっこをしているのを見られるのも恥ずかしくいいなと思いました。射精程の激しさはありませんが、それよりもずっと長く見られてしまうのですから。

高校の時くらいに海外のエロティックな小説集とかいうのに、可愛いペットか何かで少女達(何歳くらいかは覚えてません)を家に呼び、トイレのドアを開けたままおしっこをして、彼女達が見ているを感じて興奮するみたいなものを読んでからちょっと私も憧れていました。中学生の頃、女子高生とか同学年の子が通る時に立ちションのまねとか、実際にしてました。でも、実際にしている時に女の子が後ろを通った記憶はないですが。

お風呂に入って汗を流した後、いきなり浣腸です。知らぬ間に寝ている場合をのぞけば、毎晩腹筋を30回4セットしている割には腹に筋肉がつかないと思ってるんですが、我慢している時、お腹触ったらなんかもの凄く硬くてちょっと感動しました。

トイレをすました後、四つん這いになってアナルバイブで責めていただきました。公園で十分に可愛がっていただいた後だったので短めに終えて、本日二度目ですがペニスバンドで犯していただきました。

野外ではバックからでしたので、今回は正常位で犯していただきました。
バックも犯されているという感じが素敵ですが、正常位で女王様の顔を見ながら犯されるのも違った恥ずかしさがあって素敵です。ただアナルバイブの時から手錠を填められていたんで、どうにも手の持っていき場所が落ち着かなかったです。

後でビデオを見ていた時には凄く不自然だったのですが、何故かベットの掛け布団の上で犯されていました。只でさえ女性にとって慣れていないピストン運動が余計大変になってしまいました。
それでも先程の様に次第に女王様の腰使いがスムーズに激しくなってきました。

男だと自分の体の一部な訳ですから、当然感覚があるのでぎりぎりまで出して奥まで深く突き刺すってできますが、ペニスバンドの場合、当然感覚は無いわけですが、それでも女王様はあたかも自分のペニスの様にぎりぎりまで出して一気に奥までとか、色々とバリエーションを付けて犯していただけました。自前のものではないで途中どうしても抜けてしまう場合もありましたけど、楽しそうに犯していただいている女王様に感動しながら喘いでました。
毎度のことなんですが、これが女王様の本当のオチンチンなら女王様にも、もっと喜んでいただけるにと思いました。まあ絶対に無理な話ですが。

途中からお願いして女王様にハメ撮りをしていただいたのですが、う~ん難しいですね。アップは確かに迫力ありましたが、動きながらはちょっと辛いです。

毎度のことですが、アナルを責められるとオチンチンの根本が痺れた様になって小さくなってしまうのですが、透明の先走り液だけは本当に漏らした様にたくさん流れ出てきます。
途中、女王様がオチンチンを触られ、凄いびしょびしょって言われて恥ずかしかったです。女性があそこを濡らして、濡れていると言われて恥ずかしいと思う(思いますよね?)気持ちがなんか分かりました。

女王様が疲れたと仰られてアナル責めは終了しました。観覧車から始まって一日たっぷりとアナルを可愛がっていただきました。なんか本物を入れてみたい誘惑が日に日に強くなってくる自分がちと怖いです。

ベットに横になりながら、二人でビデオを巻き戻して見ました。改めて見るとほのぼのとしたプレイです。無論、女王様と奴隷ですので女王様の命令に従ってがメインにですが、ビデオの様にビシビシと怒鳴るような感じではなく、普通の口調でです。この普通の口調で恥ずかしいことを命令されるのって、個人的には好きです。

そんなのSMじゃないとか、女王様かくあるべしという拘りがある人もいるかと思いますが、こうゆうSMがあってもいいと思います。無論、ビデオやクラブの様な高圧的?な女王様も素敵だと思いますが、全てが全て同じである必要もないはずです。

ほのぼのという程でもないですが、こうゆう関係も結構大変です。エゴマゾにならないように、自分で自分を律していかないとダメですから。こんなことされてみたいとか日々妄想が渦巻いてますからね。自分の欲望ばかり吐き出さないようにしないと。

ビデオを見終えた後、女王様が射精する所を見たいとご命令されましたので横になってオナニーを始めました。女王様はビデオを構え、私がオナニーするところを撮影されていました。

ビデオを見ている間に、アナル責めで小さくなっていたオチンチンも回復していて、直ぐ大きくなりました。
女王様とは数回プレイしていてオチンチンを見られたのは初めてはありませんが、明るい場所で大きくなったのをじっくりと見るのは初めてと仰られ手を伸ばして袋とか亀頭とか触られてしまいました。じっくり見られると元が露出狂だけにとても興奮してしまいます。

フィニッシュが近づいてきました。アナル責めは長く気持ちよくて、精神的にも犯されているという感覚が味わえて一番好きな責めではありますが、射精の瞬間に勝る物はありません。オナニーで射精する時を見られるのがやっぱり一番恥ずかしいです。恥ずかしくて、なかなか目を合わせながら射精するのって出来ません。ただ普通のセックスでも射精はするので、SMプレイで絶対締めは射精という拘りはありません。一度は見られてみたいですけど。

射精を見ていただいてプレイは終了しました。
ビデオのキャプチャー画像は近々にアップします。