処女喪失

Posted on Posted in 調教

処女を喪失した時の話です。
バイブやら、ペ二バンやら、古くはきゅうりやマジックやら、色々と何回ともなく、アナルに入れたり、入れられてきましたが、初めてリアルオチンチンを入れられ時の話です。
初めての女王様にも、男性に痴漢されているのを見たいと言われ、それからも見たいとか、大阪に来ればバイのM男性に犯させるからとか、色々とお話やら命令をされていたんですが、なかなか犯してくれる男性が居なくて、実現しなかったのですが、自分のサイトで募集をしたところ、あっけなく見つかり、処女を失うこととなりました。

その日、何回かプレイいただいたT様(もちろん女性です)と待ち合わせしてから、相手の男性との待ち合わせに向かいました。
ネットで約束して男性と待ち合わせということは、初めての経験でしたが、女性の時の様にドキドキしつつも、ウキウキもする感じとは違い、ウキウキのないドキドキだけですねw

待ち合わせに、二人男性が居て、二人とも同じ格好をしていて戸惑いましたが、無事合流でき、それから3人で新宿はコマ劇場裏のラブホテルに向かいました。
過去、女性が複数では入ったことがありますが、男性複数は初めてなので、事前にホテルに確認したところ、女性複数同様に、1.5倍の料金で入れるとのことでした。

部屋に上がる際、私と男性の二人が先にエレベーターに乗って、T様を待っていたら、他のカップルが不思議そうに見ていたと、T様が後で笑っていました。新宿なんで男性同士でもおかしくはないと思いますけどねw

ホテルに入り、ビデオカメラのセッティングをして、撮影に関して、少し打ち合わせをしてから、まずは男性の方がシャワーを浴び、続いて私が体を洗ってから、プレイ開始となりました。

今回、良く言えば、私達の都合というかしたいことを、男性に押し付けるのも良くないと思っていて、悪く言えばノープランで来たので、始めましょうと言ってはみても、どうしましょうか状態でしたw
まずはビールではないですが、まずはフェラチオでしょうと、ゴムをつけて相手の方にゴムフェラをしようとしたのですが、付けられない。

相手の方のオチンチンが大きいのと、私も本物のオチンチンにコンドームをつけることは、自分のもの以外にしたことがないので、うまくないのもあって、なかなかはめられませんでした。なんとか、半分くらいはめられた状態で、妥協してフェラチオを開始しました。
フェラ自体は、ゴムをつけていることもあり、抵抗感もあまり無い代わりに、興奮も恥ずかしさも意外と感じず、結構冷静に大きい(ご本人談だとトイレットペーパーの芯と同じサイズとのことです)けど、アナル入るかなと心配してましたが、T様がデジカメで撮っていただく時の音で、ああ男性のものをフェラしているのを、見ていただいているんだと興奮してきちゃいました。
それでフェラしながら、自分のオチンチンも勃起してきました。
相手の男性のリードのもと、何回か体勢を変えてフェラと撮影をしました。相手の方が立っているところに膝建ちになってフェラしている時に、「手が遊んでいる」とT様に怒られ、右手で、相手の方のオチンチンをしごき、左手で袋を揉んでいました。
口ではフェラをしつつなので、両手で奉仕は難しいですね。口と片手、もしくは両手だけならちゃんと動かせるんですが、口と両手となると、どうにもぎこちたない動きになってしまいました。
あとフェラチオって、顎が疲れますね。
ヘルスの人とか、日に何人も、何十分としていて凄いなと思いました。

フェラチオが終わり、遂にアナルです。
ちょっとだけアナルバイブを、自分で入れてアナルの弛緩を試みてから、四つんばいになって、犯されました。
大きいのもありましたが、弛緩を十分にしていなかったのもあり、正直痛かったです。
でも、せっかく男性にアナルを犯されるのを見てあげると、来ていただいたT様や、相手に立候補して来てくださった方のためにも入れなきゃと、息をスーハーして、アナルに力が入らないように頑張りました。そして、遂に亀頭がアナルの中に入ってきました!
と、その時に、パンッ!と音がして、コンドームが破れてしまいました。無理無理引き延ばしたのがいけなかったのでしょうか。
改めてゴムを付けようとしましたが、今回もやっぱり入らない。色々種類を変えて試してみました。こんなに他人のオチンチンにコンドームをはめる日が来るとは思ってもみませんでしたw

なんとかコンドームを付け終え、さあ、これからということろで、相手の方のが柔らかくなってしまい、ちょっとブレイクタイムになり、その間、T様に鞭で打たれたり、ハイヒールで踏まれたりしていました。その光景で興奮していただけたのか、また堅さを取り戻し、今度は騎乗位で、私がまたがってアナルに入れることになりました。
今回も亀頭が中に入り、そして根本まで入りました。ただ痛くて、姿勢を動かせなくて、一度抜いたんですが、お尻から出血が。

とりあえずオチンチン、全部入ったし、出血しちゃったし、これで終わりかな?という思いも一瞬頭をよぎったんですが、T様も相手の方も、まだまだこれから!という感じで、私の出血の回復待ちでした。
自分からお願いしたことですけど、この時は、私がアナル犯されないと終わらないんだ、二人には許してもらえないんだみたいな感じで、マゾ的には凄く萌えました。たぶんお二人は、まったく気づかれなかったと思いますけどw

シャワーでアナルを洗浄してから、改めてワセリンを塗って、今度は正常位でしてもらいました。この時、目隠しとボールギャグを付けて犯してもらいました。
一度根本まで入ったからか、人知れずマゾ的に萌えていたからか、今回はスムーズに根本まで入っていきました。
痛みもなかったので、亀頭が、括約筋を通り抜けた時の感覚をハッキリと感じることができました。ペニバンなどでも、括約筋を抜けた時に、ああ犯されているって実感するんですが、今回も一番犯された感がしました。
ペニバンもリアルオチンチンも、アナル自体は違いが分かりませんでしたけど、手が触れる相手の肩は、男のもの。目隠しで相手の顔が見えませんが、男に犯されているのを凄く実感させられました。
入れられている所を、T様に間近で見ていただき、更にガンガンとピストン運動で犯され、ああ凄いと感じ始めたところで、終わってしまいました。
ボールギャグをつけながら、アンアン喘いでいたのが、痛がっていると思われたのか。個人的に、さあこれからというところで終わってしまい、残念でした。写真は、色々と撮っていただいたのですが、撮影会ではなくて、男性に犯されて、それを見ていただくのがテーマだったので、もうちょっとガンガンおかされて、男性にアナルを犯される感触ってこうなんだというを経験してみたかったですね。ちょっと打ち合わせ不足だったと反省しました。

お風呂で体を洗ってでてくると、相手の方がオナニーするのを、T様がみてあげるということになっていて、オナニーしてました。
私も、リアルで射精までする男性のオナニーを見るのは、初めてなので、T様の隣に座って見させていただきました。
私がオナニーをするのを、見ていただいた時に、よく小刻みにしごくと言われ、人によって結構違うものなのかと思っていましたが、同じ様なしごき方でしたw

射精してから、お風呂に入って、その方は先に帰られていきました。色々と本当にありがとうございました。

やっぱり女性に苛められた方が幸せだなって思いましたので、暫くは期間をおいてからになると思いますが、今度はがっつりと犯されて、お尻で射精してもらいたいです。
もちろん女性に見られながら。

One thought on “処女喪失

Comments are closed.