H様とのプレイ2

Posted on Posted in 調教

今回も3人でとの話が、当日、もう一人の女性の方に仕事が入り、二人でのプレイになりました。
もう一人の方とは、縁無く、このまま会うことが無いような気がする今日この頃だったりしますが。

待ち合わせてから、まず六本木に向かい、燭と飲み物を買って、少し食事をしてから、アルファインに入りました。

今まで何回かアルファインに行ったことありますが、いまひとつ設備を使いきれていないかなと思っていたので、H様なら堪能させていただけるかなと、私からリクエストしました。

で、部屋に入ると、ちょっと狭い。後で付けたようなお風呂がともって邪魔なような。後で思ったんですが、これって、ウェット&メッシーみたいな液体系を使うようなプレイにはいいかもしれませんね。二人では入れませんが、バスタブも壁もスケルトンで、ベットで横になりながらお風呂見ることできますから。


ホテルに入るまで、2時間くらいの間、内容は別として、H様とは、いたって普通に話していましたので、よけいに。H様がボンデージに着替えて、私が裸になってプレイが始まりました。
H様との二人でのプレイは、まだ2回目ですが、イベント等を含めれば何回もありました。が、今回はいつになくH様が女王様モードだったので、ちょっと戸惑いました。
好き嫌いではなく、今までのプレイでは、あまり女王様モードでのプレイをされる方が少なくて、結構普段の延長線上での素に近い感じでプレイされる方が多かったので、どうも私は不慣れで。SMクラブとかにもずっと行ってませんし。

途中からは、慣れて話せてきたかなあとは思いましたが。
個人的には話していると、一生懸命何て言おうかと考えて(たいしたことは言ってませんが)、逆にMモードから離れて素に近い状況になってしまいます。それはそれでの楽しさもありますが。

最初は腕立てをしながら、鞭で打たれました。最初はバラ鞭から、そして一本鞭で。
その後で、床で四つん這いになって打たれたのですが、アルファインの床、掃除がしやすいようにか、とても硬く、鞭で打たれた時の衝撃がそのまま膝に来て、ちょっと辛くて。H様もそれをご存じで、床での鞭打ちは短めで終わりました。

掃除と言えば、アルファイン、蝋燭原則使用禁止になってました。使用する時はフロントに言ってシートを借りてくださいと。以前ベットや拘束具で拘束されながら蝋燭垂らされて、あ~掃除が大変って変な方に意識が飛んでしまったことありますが、やっぱり慣れていないとプレイに夢中になってしまって、気にせずに使っちゃうんでしょうね。掃除大変でした(泣き)

話それましたが、その後、ベットで腹筋をしながら、背中を打たれました。布団の上での腹筋て、しにくいものですね。
その後、ちゃんと自前のシートをひいて、四つん這いになって蝋燭を。
低温蝋燭1本で、かなり蝋燭を横にして垂らしていただいたのですが、とっても熱かったです。そんなに熱くなかったでしょと後で言われたんですが、的確に熱い場所と鞭打たれたところに垂らされたので、熱くて。
場所によっては比較的楽な場所があって、ちょっと息を整えてってあるんですが、それがなくて。ただ脇とか、そこは・・・という急所ではなかったので、熱いのと気持ちいいの紙一重で、堪能させていただきました。
足を膝の下だけを縛られて、仰向けに横になって、蝋燭を続けて垂らされたのですが、場所にもよりますが、足が動かそうとしなくて、ピクピクと動いてしまうものですね。
また下半身の方にロウで固定して綿棒を立てて、火を点けられて遊ばれました。

蝋燭を落として、ちょっと水分補給をしながら、休憩していた時に、H様が飼われている犬の訓練の話になって、同じ訓練内容をさせてみたいという話になりました。
とりあえず障害をジャンプで飛び越えるやつをと、四つん這いでベットに飛び乗れと。流石に膝をついて四つん這いだとジャンプできないので、足を裏をついてジャンプしましたので、楽に乗れましたけれど、今度は、臭いを嗅ぎ分けるるのをと。それは流石に無理だなあと思いましたけど、女王様とSM以外のそうゆう訓練って魅力的な気が。
そそ、犬も臭いを嗅ぎ分けるの訓練しないと、ちゃんと出来ないんですね。ちょっと意外でした。話それましたが。

プレイ再開しまして、磔台に拘束されて、鞭打ちをしようとしたのですが、やっぱり風呂が邪魔で、結局拘束だけして、中止になりました。

代わりに?ベットの拘束具に俯せになって拘束されました。
その状態で鞭を打たれたのですが、掛け布団の上に横になっていたので、柔らかくて、どう力を入れていいものか分からなくて、無抵抗な状態で打たれて、かなり痛かったです。いや、一本鞭なので、どう叩かれても痛いのですが、特に。
途中から、力の入れ方が分かってからは、逆に良かったです。何も固定されていない場合よりも、鎖で拘束されているので、それを思いっきり引っ張れるので、力を入れやすくて。
初めてSMクラブできっちりと縛られて蝋燭を垂らされたのを思い出しました。
縛られてではないですが、拘束されて力を思いっきり入れて痛みを堪えるのは、SMというかMの醍醐味かなって思いました。ある意味では、アルファインを堪能できたかなあと。

あと横に鏡があって、H様に見るように言われて、見ている方が、鞭が来るのが分かるので、まだ少し堪えやすかったです。H様がどうゆう思いで見るように言われたか分かりませんが。
でも、鞭を打たれるのを初めてよく見ました。
イベントとかでも何回か苛めていただいて、で、その時、よく他の人からH様との鞭打ちで、関心されたり、呆れられたり(?)しているのですが、自分は言われても、そうなのかなって思ってましたが、鏡で見てて、今度はビデオとかで、もっと客観的に見てみたいなって思いました。どれだけハードに叩かれているのか。背中の傷跡では見ていますが。

途中、エネマグラをアナルに入れられ、オチンチンにバイブを当てられました。
オチンチンへのバイブは下が掛け布団だったせいで、あまり振動が伝わってこなかったです。まあ鞭で打たれて、暴れ回っていているし、痛いしで、バイブで気持ちいいって感じている余裕はなかったですが。

仰向けになって、改めて拘束しなおされて、目隠しされました。そして乳首とオチンチンに消毒液を塗られました。
今回もプレイは何をされるのか分からなくて、かつ目隠しされているので、凄くスリルがあってゾクゾクしてました。
針って個人的には残酷な感じもしますし。
それもプレイに対する不安がないのがあってだと思いますが、相手してくださっている方に対しての。やっぱり身を安心して任せられるのは、Mにとっては嬉しいです。
針と一緒に、洗濯バサミをオチンチンの袋とか色々と挟まれたんですが、目隠ししていると、針なのか、洗濯ばさみなのか、分からないものですね。痛みで麻痺してきて。
初めて手の指の付け根に洗濯バサミを挟まれたんですが、あれは痛いですね。挟まれて痛いのか、それとも手をずっと広げたままでいるので痛いのか、その時は分かりませんでしたけれど、一番痛かったです。

洗濯ばさみを外されてから、再び鞭になりました。
相変わらず目隠しされていて音しか聞こえなくて、あれは怖いですね。足を開いて拘束されているのでオチンチン、いわゆる大股開きの状態で、絶対にオチンチン目掛けて鞭を打たれると思っていた時に打たれました。
どこかで書いてあるかもしれませんが、以前オフ会で金玉潰しという、文字通り金玉を、指でぎゅっと掴まれて潰されたことがあって、基本的にはギブアップしたくないので我慢していたのですが、 後でその方に、こんなに我慢したの初めてと言われ、寒い時期だったのもあって、三ヶ月くらいお風呂とか入る時、金玉に鈍い痛みがあって、どうもそれ以来玉責めは苦手です。
なので、流石に力は加減してもらっていたと思いますが、苦しかったです。
で、悶絶していたら、右肩がぐきっとなってしまいました。大丈夫でしたが、拘束されている時、力一杯悶えるのも危ないもんなんですね。もともと右肩痛めていたので、ちょっと心配でしたが。

ちょっと休憩をはさんで、今度は縄で縛っていただきました。
その状態でベットに俯せに横になって、また鞭を。
縄が邪魔で痛くないでしょと言われましたけど、十分に痛かったです。
それまでに十分に打たれていたのと、ベットに拘束されていた時と同じく、力の入れ方がが最初分からなくて。
でも、ベットに拘束されていた時と同じで、力を入れるポイントが分かると、きっちり縛られいると力を入れやすくて、またそれが気持ち良かったです。もちろん痛いですけれどね(笑)。
ペニバンは、私がベットの横にある鏡の方に頭を向けて四つん這いなり、H様がベットサイドに立ったままで、犯してただきました。最後はご褒美にペニバンでした。
跪いてペニバンをフェラした時、いつもの癖でH様の太股の外側を掴んでしまい、怒られてしまいました。

前回はプレイの途中に短めでしたが、今回はたっぷりと。
立ちながらって入れやすいのでしょうか。お尻にH様の腰がバンバンと凄かったです。犯されている感も凄くて。
前に大きな鏡があって見れるのも素敵でした。
H様、冷たく見下したような表情で、犯していただいていたので、それがバックから犯していただているのに、凄くフィットしていました。正常位で、額に汗をかきつつ、楽しそうに犯していただくのも、凄く愛を感じて好きですが、こうゆうのもSMらしいかなと。

後ですね、プレイ中のH様の顔をこの時、初めてじっくりと見れたのかもしれません。
痛みを堪える為に目を閉じていたり、目隠しされていたり、俯せや四つん這いで、なかなか顔をしっかりと見ながらのプレイってなかったので。
で、プレイ中の、もの凄く冷たいというか、サディスティックな時の表情って、普段のH様とは全然雰囲気違って。まあ違うの当たり前なんですけど、私だって、普段の時と、アナルにバイブを入れられて、よがっている時は違うと思いますし。でも、ずいぶんとイメージが違がったので。また、この冷たそうな表情が素敵だったんですよ。自分が犯されているのを見たいというので、鏡を見ていたのもありますが、暫しH様に魅入ってしまっていました。

今回も腕立てしながら鞭打ちあったので、筋肉痛になるかなって思っていたら、翌日やっぱりなりました。
ただ、今回思ったんですが、どうも腕立てで使うような筋肉が痛くなっているのではないような。

今回は、4時間ちょっとホテルに居て、うち3時間位は鞭打ちでしたが、本文中に書いてあります通り、打たれている時、全身、特に上半身ですが、力を入れて痛みを堪えていたんですが、どうもそっちが筋肉痛の原因なんじゃないかと。どうなんでしょうか?

お尻はこの後、赤くなってるところがどす黒く内出血してました。腫れてヒップアップしてました。記念に写真撮っておこうと思いましたが、うまく撮れませんでした。

次回こそ、お友達の方も一緒にプレイできるのでしょうか・・・多分、二人でと思ってますが。
帰り、車で渋滞にはまって、遅い晩御飯を一緒に取った後、H様を送って帰ろうとした時に、飲みに誘われて、車だし、体力はないし、でもやっぱり誘いに負けて、飲みに行きました。
新宿のハプバーに行ったんですが、大人しくウーロン茶を飲んでいました。で、とりあえず裸にはやっぱりされたんですが、背中の鞭の痕は、これくらいはと言われましたが、お尻の腫れたところを触られて、笑われました。確かに凄く熱くなってましたから。やっぱり途中からかなり眠くて辛かったですが。やっぱり夜は寝るべきだなと。