お茶の水にて

Posted on Posted in 女装

全然努力してないのですが、女装の夢というか目標があります。女装して、昼間に普通にバス、電車に乗り新宿に買い物に行くことです。女性にとっては普通のことなんですけどね。

で、先日、その目標に一歩近づきました。
六本木のお店に続き、今度は御茶ノ水にある女装さん、NH用発展場に行ってきました。
家で女装して、車に乗っていくのが、いつものパターンなんですが、今回は地図で見たところ近くに駐車場がない。あと、帰りに馴染みの店によって飲んで帰りたいなと思ったんで、この店、化粧をする場所がちゃんとあるので、お店で化粧しようと最初は思ってました。
無駄毛の処理をしている時に、もう暗いし、マスクしてウィッグの上にカーキ色のニット帽被ってウィッグを押さえつければ、眉毛も隠せるし、女装したまま電車乗って行けるんじゃないかと閃いてしまいました。

化粧する前に、ウィッグと帽子とマスクを付けて試してみましたが、目元しか出ないので分からないかもと自信を持ち、実行することにしました。
女性モノであまり暖かいコートとか持っていないのと、帽子とのコーディネイトで、普段着ているフランス空軍のコート(軍用のコートが青島コートと呼ばれて、結構女性にも人気あるという記事を目にしたので大丈夫かなと。ちょっと種類が違いますが)に、これも普段履いているレディースもののジーパンに、赤いコンバースのスニーカーで家を出ました。
下着は女性ものを身につけ、コートの下もキャミソールと、いちを完全?女装仕様でしたけど、やっぱりジーパンというのは萌えませんね。
化粧品とか、店に行く時用の男性服、その他もろもろの荷物は、やっぱりカーキ色の大きめのショルダーバッグに入れて担いでいきました。

私、背も低いですし、喉仏がほとんど出てないので、マスクで目元だけなら、結構それっぽく見えたはずです。
流石に電車の中では俯いて寝ている真似をしましたけど、お店に着くまで、変な風に見られることなかったです。
まあ、変なのに関わらないようにって有るのかもしれませんが。そもそも女性に見られなかったとか?いちをアイライン入れてたんだけど。

少々店の場所が分からず迷いましたが、無事に着きました。
今回は店に来るまでの方がドキドキでしたw

お店の方は、それぞれの階に6畳位の部屋が一部屋しかなく、それが5階(1階はドアだけで、お店は2階から5階まで)あるという作りの建物でした。
そこそこ新しく、綺麗な感じで、賑わってました。
2階が受け付けと談話・飲食コーナー、3階がシャワールームとパウダールーム(化粧する所)、4階が板とか布で仕切ってエッチする部屋、5階がソファと簡易ベットしか置いてない部屋でした。ちなみにパウダールーム以外は、赤いランプだけで薄暗い感じでした。
ここの店を知るきっかけとなった人のブログには、この5階には、部屋の真ん中にベットが置いてあって、そこでエッチをすると、公開まな板ショー状態というのを見て、これは一度見てみたいと思って行ったので、ちょっとがっかりでした。
確かに仕切りも何も無い部屋なので、ここでエッチしたら、他の人に丸見えではあるのですが、なんか想像していたのは、もっとなんか違う感じだったので。

5階に初めて行った時には、数人の男性だけが座っていて、怖くて入れませんでした。だってみんな話もせずにただ座って居るんですよw
で、2階に戻って、ビールを飲みながら他の人達の輪に入ろうと思いつつ、うまく入れずw
仕方ないので、5階に再度行くと、3人位の女装の人がそれぞれの相手の男性にフェラしてました。
みんな同じように、男性は座って脚を開き、その間に女装の人が俯せに横になってフェラしてました。
ちょっと近づいて見てみたいと思いつつ、フリーでいる男性も3名ほどいて、やっぱり怖いなと思い、パウダールームへ。

椅子に座ってまったりとしている女装さんが居たので、話をしていると、男顔なんですが、凄い綺麗なNHさん3人が入ってきました。
みんなギャルって感じの服なんですけど身体細くて凄く似合ってました。太ももはすべすべと綺麗で。
手間とお金掛けてるって感じでした(顔は痩せたくないから、今度顔になんとかを入れてみようかととか話してました)。
ああゆう綺麗な人の前だと、女装しているのちょっと恥ずかしくなりますね。化粧とかもアバウトだし。
話をしていた人が、知り合いに呼ばれて出て行ったので、私も部屋を出て、4階をくるっと見てから、また5階へ。
今度は、女装の人も多く、みんなで楽しそうに歓談していたので、初めて入っていけました。
凄く面白い男性が居て、その人が気を遣ってくれたせいで、女装さん、男性と一緒に楽しく話ができました。途中、端の方で挿入はしてませんでしたが、いちゃいちゃとエッチをしている人も居たんですけど、その隣でみんなで歓談というのも、凄いシュールというか。

気がつけば3時間以上経っていて、飲み屋に寄るどころか終電も怪しくなってきたので、凄くいい匂いの鍋のお誘いを断って、化粧を落として帰りました。
帰りの支度をしている時にも、女子高生みたいな子や、OLさん風の綺麗な人も見かけて、綺麗な人達が集まるお店でした。話しに来ている人も多くて楽しかったので、また機会があれば行ってみたいですね。

次回のお出かけは、マスクに帽子で、でもちゃんとスカートを履いて、あと男性服の着替えは持たずに女装モードだけで帰ってくるところまでチャレンジしてみたいです。
行き先は、新宿の女装スナックに。女装してお酒飲んでみたいなと思っていたんですが、お店で化粧するのも嫌だなと思っていたんですが、これなら家から化粧して電車で行けるので。

では、また行きましたらサイトでご報告を。

(2008.2.17)

One thought on “お茶の水にて

Comments are closed.