「ウブな女のちんちん研究」の感想です。

Posted on Posted in DVD・小説紹介

素人の女の子にAV男優のオチンチンを見せて、その喜ぶ様子を納めた!正に露出狂の私のためにある作品だと思ったのですが。

今回は20歳前後の女性が、2人連れ4組と1人1組みの計5組9人出演しています。

最初の二人は20歳でまだ処女だという派手さはあまりありませんが、そこそこ整った顔立ちの女性でした。まだオチンチンを見たことがないということで、最初は目を背け、きゃーきゃー騒いでいるだけで、全然見ませんでした。途中から強引に触らされたりして、慣れてきた様で、視線が徐々にオチンチンに集中してきます。

でもやっぱり恥ずかしいのか顔がコロコロと変わって、こころ辺は抜きどころです。恥ずかしいけどちょっと嬉しいという風にも見えなくもないですから。途中からモデルの女性が出てきて、男優のオチンチンを手でしごく見本を見せた後、彼女達が見ている前でフェラチオを始めます。目を背けると思いきや、結構真剣に見つめていました。

で、2組目も二人組みでしたが、最初の二人と比べ、リアクションも貧しく、かつ拒絶反応も強く、あまり盛り上がることなく次の2人に。この2人が片田舎に住んでいそうないる良くいえば純朴な、悪く言うとあか抜けない2人で、1人はいきなり背を向けでソファーにくっぷしてしまい、もう1人もむっとしながらもう嫌ですとしか言わず、早々と次の女性に場面が変わっていきます。

次はちょっと清楚な感じのする女性1人で、この女性も明らかにむっとしていて、触ってみてという言葉に、鋼の様な意志の固さを感じさせる強い口調と目つきで、もう出来ませんとだけしゃべって、直ぐに終わってしまいました。

こうなると最後の2人に期待するしかありません。今までの女性と同様に、最初は嫌と言って目を背けていましたが、徐々に慣れてきたのか、稲村めぐみに似た感じの女性が、途中からじっとオチンチンを見つめていました。それを興味津々で一心に見つめていたのか、疲れ果ててもういいやと諦めて見ていたのか、そのどちらかに取れるかによって、かなり楽しめるかどうか分かれてくると思います。意外とウブな演技が疲れて、ふ~んって見つめていたりして。

オチンチンの絵を書いたり、フェラチオしているのをじっと見たり、オチンチンを普通に手でしごき射精するところまでたどり着きました。やはり興味があるのか、反射行動なのか、射精してジュータンに落ちた精液を目で追ってました。ただ射精とか精液を見てのリアクションがなかったのが残念です。

露出狂で、女の子が精神的上位にたって、オチンチンを楽しそうに眺めているのを見るのが好きな人には、少々つらいかもしれません。AV男優なんで見られて恥ずかしいという見られる側の反応もありませんし。

むしろS男性で、女性に卑猥なものを見せて恥ずかしがった様を見て楽しむという方が楽しめると思います。

はじめてのDK一転レズ~も少々企画倒れの感じがしないでもなかったですが、それが今回一気に倒れた感じですね。発想は素晴らしいのですが。むしろ予告に入っていたAV女優のオーディションで30人くらいいる中で裸になって大股開きさせられたりフェラさせられている女性を見て感情移入した方がまだ露出狂として興奮できるかなと思いました。

やっぱり女性はそんなに見たくないのでしょうか、オチンチンを。露出狂のところで書きましたが、2階のベランダで裸で出た時に女子高生2人組みに見てもらって、笑われたということもあるし、見せ方の問題だと思いたいです。今回は見せ方が悪かったと。

SODは1作目より2作目と反省を活かして、グレードアップしていきますので、第二弾に期待しましょう。

One thought on “「ウブな女のちんちん研究」の感想です。

Comments are closed.