大阪の野外プレイOKの店

Posted on Posted in SMクラブ・イベント

 

大阪に出張で行った時です。スポーツ新聞の3行広告で野外プレイOKの広告を見つけ、早速電話しました。

話を聞くと、性感マッサージの店で男性を野外で軽く苛めるプレイもしているとのことでした。場所は難波という繁華街の公園やトンネルの中、ビルの屋上やカップル喫茶でということでした。カップル喫茶を妙に進めるのこれはカップル喫茶でぼったくられるのかと心配になり、でも野外プレイはしたいので、逃げやすい野外でのプレイを希望しました。

相手の女性の人が来て、私は公園を希望したのですが、いい場所があるとマンションの屋上に連れて行かれてしまいました。これは逃げにくいぞとちょっとびびりましたが素直についていきました。

3月の屋上はとても寒かったです。そのビルの屋上にはネオンがあって明るかったので、他のビルから結構こちらが見えてました。時間が早いせいか周りのビルには明かりがあっちこっちについていて、人影がちらちらと見えていました。相手が私と同じ視力を持っていたら、多分私が全裸でいたのは分かったはずです。ですので露出狂の私は寒さに負けずに裸になって興奮してました。

全裸で縛られて鞭や乳首に洗濯挟みなどのプレイはかなりソフトでいま一つでしたが、相手の女性の方が男をなじるのが大好きということで、いやらしい言葉責めが実にうまくて耳元でじっくりと言葉責めされたり、今までの恥ずかしい体験談を誘導尋問されて、それをネタにまた辱められて、最後は手でいかされてしまいました。とても気持ちよかったです。
射精して終わった後も帰らずにその場で時間まで話をしていました。その人が寒そうにしていたので、今まで裸だったから全然寒くないと言って上着をかけてあげたんですが、風邪を引いてしまいました。やはり格好はつけないものです。


次の大阪出張で遊びに行った時、前回苛めていただいてすっかりファンになってしまった女性の方は、今回急にお休みで他の女性とのプレイになってしまいました。

前回は野外でプレイしましたが、今回はどうやらぼったくりの店でなさそうだと判断してカップル喫茶でのプレイにしました。カップル喫茶への興味もありましたし、他人に苛められているのを見られたかったからです。

待ち合わせの場所からカップル喫茶まで近かったので歩きながら大阪のカップル喫茶の話を色々と聞いたんですが、三カ所あって一カ所は横からはあまり見えなくて代わりに天井に鏡が張ってあり、それで他人のカップルを見るところ。もう一カ所はSM色の強いところで、仕切のない大きな部屋にソファーがいくつか置いてあって、そこで各自プレイを見せ合う。夜中になると滅茶苦茶になって、今回相手をしてくれた女性もそこで縛られたことがあると言っていました。縛られたという話から、その子はSとMどっちなのかと質問したところ、仕事なのでSもMもするけど、本当はSで、更に相手によってSとMと変わると言っていました。私相手の場合はどっちなのかとは、商人の町の女性ですから聞くまでもなく答えは一つと思って聞きませんでした。

と、色々と質問しながら歩いているうちに、3つ目のカップル喫茶に到着しました。
店内はちょっと大きめなスナックみたいで、腰くらいまでの高さの壁で仕切られたボックスが6~7個ありました。店内は薄明かりで逆光にならない限りはしっかりと見えました。壁の上はカーテンで隠されていましたが、薄いレースでほとんどないのと同じでした。そして壁には人の頭の1.5倍くらいの丸い穴が開いていて、隣のボックスの中が丸見えでした。
私たちが入った時は、四つ並んでいるボックスのうち奥から2つに人が入っていました。せっかくだから人がいる隣にと入ると、直ぐ後に人が来て、4つともボックスがうまり、両隣にカップルがいることになりました。左は20代半ば、右は40代くらいのカップルでした。

どうしようかと少し話した後、とりあえず上半身裸になり、乳首に洗濯ばさみを填められて、乳首を責められました。
その後パンツとズボンを膝のところまで脱がされオチンチンを見られてしまいました。
オチンチンをしごかれながら乳首も責められ続け、同時に「おまえのものを両方から見られているよ」と言葉でも苛められていました。初めは単に辱めようと言っているだけかと思っていたんですが、本当に両方の穴からカップルが両乳首を洗濯ばさみで填められながら、勃起したオチンチンを苛められている私の姿を見てくれていました。

そうなると今まで以上に興奮してきて、ズボンもパンツも脱いで靴下だけの全裸になって彼女に苛めてもらいました。男性は男の裸なんか見てもやはり面白くないのかあまりそれからは見てなかったようですが、両隣の女性にはずっと見てもらいました。右の40代の女性は同伴の男性の相手を時々していたようですが、左側の女性というかカップルは自分達では何もしないで、女性はたばこを吸いながら、私たちのプレイをずっと見てくれていました。

何に対してなにか分かりませんが、私のオチンチンなのか、Mプレイなのかは分かりませんが、「凄いわね~」と穴からこっちを見ながらつぶやいていました。彼女達の声を聞いたのはこれだけでしたし、ちょうど逆光になるので表情がいまいち見えなかったのが残念でした。今度は私の裸をじっと見つめる女性の顔を見たいし、カップル喫茶の流儀が分からなかったので話し掛けませんでしたが、穴に股間を近づけてもっとしっかりとオチンチンを見てもらいたいです。

プレイの内容に戻りますと、扱いてもらった後、私が床に寝ころんでソファに座る彼女に裸足でオチンチンを踏んでもらいました。首を起こして踏まれているオチンチンを見ると、その足の向こうにそれを見ている女性の顔(の影)が見えて、とても興奮しました。その後足の指を舐めさせていただきましたが、四つん這いになって、穴の方にアナルを向けていましたので、オチンチンだけでなくアナルも見られたかもしれません。それから太股で首を絞めてもらい、また乳首を責められ、胸を引っ掻かれ(翌日まで赤い後が残っていました)、最後は扱かれて射精して終わりました。もの凄く気持ちよかったです。

帰り歩きながら話していると、彼女が私のおかげでとても盛り上がっていたと嬉しそうに言ってくれました。初めて行った私には分かりませんが、確かに私以外は誰も性器を露出している人はいないし、せいぜいパンティ&キャミソール(後から来た若いOLさん、普通のOLらしいのが結構興奮させられいました。SMとは関係ありませんが)くらいの格好で、そんな派手なことをしている人はいませんでした。意外と地味なんだなという感想を私も持ったくらいですから。逆に言うと私が変態なんでしょうが。

最初は基本的にはお触りはダメと言っていた彼女も、途中から胸に抱きしめてくれたくらいですから、実際に盛り上がっていて、彼女も楽しんでくれていたのかもしれません。

また行きたいです。